NTTスマートコネクト

ハウジング・クラウド・ストリーミングの
NTTスマートコネクト

活用シーン
オンプレミスから
クラウドへ移行/併用したい

活用シーン

活用シーン1 オンプレミスとクラウドを併用

現在の問題

オンプレミス環境からの移行を考えている。業務に特化したアプリケーションは自社でコントロールしつつ、その他のプラットフォームについては、オンプレミスと同様のシステムを維持したクラウド環境を短期間で構築したい。

クラウド選びのアドバイス

クラウド化のポイントは、今稼働しているシステム、アプリケーションを問題なく移行し、安定稼働できるかどうかにあります。

NTTスマートコネクトでは、オンプレミスからの移行に向けて、お客さまの環境に最適なクラウド化のご提案を行います。

クラウドで実現したいことは?
  • 業務システムをクラウド化したい

    おすすめサービス
    スマートコネクトVPS
  • 自社専用の仮想プラットフォームを構築したい

    おすすめサービス
    SmartFLEX

関連する導入事例

朝日放送株式会社様
「夏の高校野球」の情報配信基盤として高信頼クラウド「スマートコネクト VPS」を活用

夏の国民的なイベント「全国高校野球選手権大会」の中継を手がける朝日放送。同社では、より多くの視聴者にどこでもリアルタイムで高校野球を楽しんでもらえるようにと、Androidスマホ向けアプリ/ウィジェットを提供している。ただし、国民的なイベントとも言える人気コンテンツだけに、その情報配信基盤には高い安定性と柔軟さが求められた。そこで同社ではNTTスマートコネクトのクラウドサービス「スマートコネクト VPS」を活用することで、デジタル時代にふさわしい高品質なサービスを実現している。(→ 導入事例ページはこちら

導入事例
朝日放送株式会社様
夏の高校野球中継とリアルタイムのスコアをどこでもスマートフォンでチェックできるウィジェットアプリを提供

夏の国民的イベント、全国高校野球選手権大会の中継を、民放(地上波)で唯一担うABC朝日放送(以下、朝日放送)様。毎年TV中継の放送はもちろん、より多くの視聴者にどこでもリアルタイムで高校野球を楽しんでいただけるよう、インターネット動画のライブ配信をはじめ、様々なメディアを活用して情報の配信に取り組まれています。
2011年大会からは、増加し続けるスマートフォン向けに「ウィジェットアプリ」の提供を開始。その配信基盤として「スマートフレックス」をご採用いただいている。(→ 導入事例ページはこちら

導入事例

活用シーン2 自社サーバールームのトラブル対策

現在の問題

導入しているサーバー台数の増加により、自社サーバルームでは、必要なスペースの限界や電力コストの負担増、電源装置などの定期点検の負荷など問題が発生している。この機会に、自社のサーバー管理方針を見直したい。

クラウド選びのアドバイス

現状では、自社のサーバー室の電力や空調、スペース、耐荷重などにおいて問題が起きていなくても、近い将来、トラブルの原因となる問題を抱えている可能性がありますので、常にその対策を意識しておかなくてはなりません。

NTTスマートコネクトでは、データセンター運営の経験を活かし、お客さまの環境に最適なサーバー運用環境をご提案します。

クラウドで実現したいことは?
  • 拡張性に優れた
    システムを構築したい

    おすすめサービス
    スマートコネクトVPS
  • サーバールームのファシリティ管理を
    まかせたい

    おすすめサービス
    Media CONNECT

活用シーン3 拡張を想定したサーバー環境を構築

現在の問題

自社のビジネスやサービスの拡大によって、近い将来、HDDやメモリ/CPUの拡張が見込まれている。将来を見据えたうえで、サーバー設計をしたい。

クラウド選びのアドバイス

現状のサーバーの安定稼働を担保はもちろんのこと、今後のシステム拡張を想定したサーバー環境を設計することが必要です。

NTTスマートコネクトでは、クラウドのサーバー運用の経験を活かし、将来を見据えた最適なクラウドをご提供します。

クラウドで実現したいことは?
  • 必要に応じてCPU、
    メモリー・HDD容量を増やしたい

    おすすめサービス
    スマートコネクトVPS
  • 必要に応じて仮想サーバー用プラットフォームの
    全体リソースを増強したい

    おすすめサービス
    SmartFLEX

活用シーン4 セキュリティを考慮した環境を構築

現在の問題

機密情報を扱っているため、データベースの安全性を確保しながら、閉域網や専用線などによるネットワークのセキュリティを担保したい。

クラウド選びのアドバイス

機密性の高い個人情報保護を保護するためには、Webサーバーとデータベースサーバーを別々に構築し、両者をプライベートネットワークで連携させながら、個人情報を持つデータベースサーバーはインターネットに直接接続しない構造が必要です。

また、クラウド提供事業者が求められるデータ開示やデータ保護の法令は、国によって大き異なるため、事前に機密情報の取り扱いについての扱いを確認することが大切です。

NTTスマートコネクトは、お客さまの大切な情報を守るために必要なサーバー構築、運用をご提案します。また、ご提供するクラウドサービスは日本の法令に準拠していますので、もしもの時も安心です。

クラウドで実現したいことは?
  • Webサーバーとデータベースサーバーを
    別々のセグメントに構築したい

    おすすめサービス
    マネージドサーバ
  • トラブルに備えて、
    サーバーを監視してほしい

    おすすめサービス
    SmartFLEX

関連する導入事例

テルウェル西日本株式会社様
「人材サービス部門のWebサイトに導入。個人情報のセキュリティ確保と運用負担の軽減化を実現」

テルウェル西日本様は、人材サービス、オフィスソリューション、環境・リサイクル事業、介護サービス事業など、多岐にわたる領域でビジネスを展開するNTT西日本グループの企業です。
同社の人材サービス事業部門では、2014年春からWebサイトの運営にNTTスマートコネクトの「マネージドサーバ」を導入しました。データ管理業務の効率化を実現するとともに、Webとデータベースを連携させることによって人材派遣ビジネスのさらなる活性化を図っている。(→ 導入事例ページはこちら

導入事例
朝日放送株式会社様
「夏の高校野球中継とリアルタイムのスコアをどこでもスマートフォンでチェックできるウィジェットアプリを提供」

夏の国民的イベント、全国高校野球選手権大会の中継を、民放(地上波)で唯一担うABC朝日放送(以下、朝日放送)様。毎年TV中継の放送はもちろん、より多くの視聴者にどこでもリアルタイムで高校野球を楽しんでいただけるよう、インターネット動画のライブ配信をはじめ、様々なメディアを活用して情報の配信に取り組まれています。
2011年大会からは、増加し続けるスマートフォン向けに「ウィジェットアプリ」の提供を開始。その配信基盤として「スマートフレックス」をご採用いただいている。(→ 導入事例ページはこちら

導入事例
活用シーン

ページトップへ

選定ナビ
  • はじめてのクラウド選定法
  • クラウド導入注意ポイント
  • クラウド選定チャート
  • お役立ち情報
ページトップへ