個別のセキュリティ機器の運用負荷・運用コストを軽減したい | セキュリティ対策関連コラム

NTTスマートコネクト

ハウジング・クラウド・ストリーミングの
NTTスマートコネクト

電話でのお問い合わせ
0120-418-308
平日10:00-12:00・13:00-18:00

セキュリティ対策
~ポイント解説・導入事例・コラム~

個別のセキュリティ機器の運用負荷・運用コストを軽減したい

予断を許さない悪質なサイバー攻撃。必要に迫られて次から次へとセキュリティ機器を購入していくと、その運用とコストが大きな負担となっていきます。これを解決する手段の1つとしてUTMがあります。さらにクラウド型UTMに乗り換えることで運用負荷を大幅に軽減できます。このように複数のセキュリティ機器の運用からUTMへの移行で運用負担・コストを削減できることをご紹介します。

目次

ケース1:複数の「機器」を順次設置していくと運用工数・コストが大きな負担に……

企業のセキュリティ対策として、不正アクセスを避けるためファイアウォール、それでは防ぎきれない侵入を防止するためのIDS/IPS、ネットワーク側でのアンチウィルス機器などを順次設置していくケースがありました。これはさまざまなセキュリティ事故が起こり、そのリスクが高まるにつれて対策の強化が求められるようになったことから順次設置したり、あるいは会社の規模拡大に伴いセキュリティの強化が求められるようになり順次設置されてきたというケースです。
しかし、機器を順次設置してセキュリティが強化されるにつれて、セキュリティ機器の運用工数とコストが大きな負担となってしまうのです。

[解決] UTMで「機器」をまとめて運用を効率化

こうしたケースでは、複数のセキュリティ機器の機能を統合したUTMの導入が効果的な解決策となります。個々に機器を購入し、運用するのは手間になりますし、コストもかかります。これらを1台に統合することで、運用を効率化できます。

UTMでは、ファイアウォールやIDS/IPS、アンチウィルスだけではなく、大量に送り込まれてくる迷惑メールを防止するアンチスパム、Webサイトの閲覧を監視・制限してフィッシング攻撃やマルウェアから防御するWebフィルタリング、セキュリティ上問題のあるアプリケーションへのアクセスを制御するアプリケーションコントロールなどの機能を有しています。UTM機器一台で「統合脅威管理(Unified Threat Management)」を実現することが可能となります。

ケース2:UTM機器の維持管理の手間が……

企業にはお客様の個人情報や経営上の機密情報があり、その漏えい事件は、今も毎年のようにニュースとなっています。大手企業がブランドイメージを傷つけられ、莫大な損害賠償金の支払いが発生することも少なくありません。
企業もサイバーセキュリティに備えるようになりましたが、中小企業においては情報システムを担当する人材やセキュリティ対策に可能な投資体力も限られています。そこで、注目されたのが、ケース1で解説したUTMの統合的なセキュリティ機能でした。
しかし、セキュリティ機能は一台にまとめられたものの、機器の運用は依然として残りますし、セキュリティの知識も必要となります。さらに、地方支店など複数の拠点があるケースでは、拠点ごとに導入・機器の運用が必要となるため、運用負担がかかることが課題となってしまいます。

[解決] クラウド型UTMなら機器の運用負荷とコストを軽減

ケース2のようなアプライアンス型UTMの運用負荷の課題を解決できるのが、クラウド型UTMです。昨今、クラウドサービスが大きく普及していますが、「UTMをサービスとしてクラウドで提供することで、運用の手間を軽減することができる」という発想からクラウド型UTMが登場しました。

クラウド型UTMは、クラウドで提供することで、「機器」そのものがなくなり、維持管理の手間もコストも不要となります。設置するスペースも必要なくなります。 中小企業にとっては、機器の購入・設置コストはなくなり、セキュリティ担当者の手間も運用コストがかからないことで、負担が軽減できます。
ただし、月々の使用料金は必要になります。長年にわたり利用を続けていくと、利用料が機器の導入・運用コストを上回るケースもあります。しかし、クラウド型UTMは故障による突発的な支出もなくなり、コストが明確化できて計画を立てやすくなるというメリットもあります。スピーディーに導入でき、拠点が増えた場合でもすぐに追加でき、解約も簡単です。これはスピード経営にも寄与します。

ポイントまとめ

運用負荷も運用コストも軽減するクラウド型UTM

セキュリティ機器を個別に用意することはコスト負担が大きくなりますし、運用負荷になり、これもコストに加算されます。UTMは複数の機器の機能を統合することで、コスト負担を大幅に削減できます。さらに、クラウド型UTMにすることで、初期投資を軽減し、将来にわたってセキュリティ投資を平準化できるようになるためおすすめです。

関連リンク

ポイント解説・導入事例・コラム
一覧へ戻る

ページトップへ

ページの先頭へ

お問い合わせ・資料請求