働き方改革で注目 インターネットVPNでテレワーク | セキュリティ対策関連コラム

NTTスマートコネクト

ハウジング・クラウド・ストリーミングの
NTTスマートコネクト

電話でのお問い合わせ
0120-418-308
平日10:00-12:00・13:00-18:00

セキュリティ対策
~ポイント解説・導入事例・コラム~

働き方改革で注目 インターネットVPNでテレワーク

NTTスマートコネクトでは、外出先から社内ネットワークへのセキュアなアクセス等を実現する「インターネットVPN」を提供しています。インターネットVPNは、インターネットというオープンな環境で社内システムに安心して接続できることから、テレワークに適していると注目を集めています。ここでは、VPNの種類、NTTスマートコネクトのインターネットVPNの特長などを紹介します。

目次

セキュリティ対策におけるVPN

VPNとは?種類とトレンド

VPNはVirtual Private Networkの略で、仮想的に創り出されたプライベートネットワーク(専用線)のことです。外部の支店や支社、取引先とネットワーク接続する場合、かつては専用線を使用していました。専用線は、通信事業者がその企業だけに提供する専用の回線のことで、独占的に利用することができ、覗き見や盗聴の心配がありません。
それだけに専用線は高コストで、中小企業が導入するにはコストがハードルになっていました。そこで、2000年ごろに登場したのが、IP-VPNです。通信事業者が構築しているMPLS(MultiProtocol Label Switching)網を利用するVPNで、セキュアながらも、共同で使うため、低価格です。企業の拠点間接続は、専用線からIP-VPNに切り替える企業が増えました。
2000年代になってインターネットがブロードバンド化され、これをセキュアに利用できないかと検討されて、「インターネットVPN」が開発されました。IPsecやSSL(Secure Sockets Layer)などで暗号化し、インターネット上でVPNを実現します。
インターネットVPNの魅力は「コストパフォーマンスに優れている」ことです。これが認められ、導入企業が増加しています。とはいえ、インターネットを介していることから通信速度の変動など「通信品質」を保証できません。また、物理的にインターネットを通っているため、セキュリティにも不安はあり、他の対策と併用することが望ましいとされています。

働き方改革のテレワークで注目「インターネットVPN」

政府が働き方改革関連の法制化を進めたことから、多くの企業で働き方改革の取り組みが進められています。この働き方改革の一つとして、時間や場所にとらわれることなく働く「テレワーク」の導入を多くの企業が推進しています。
サービスや営業担当は移動中にメールを確認したり、報告書を入力したりすることで、直行直帰が可能となり、残業を削減できます。在宅勤務やサテライト勤務が可能となり、育児や介護で離職する社員を減らすことができます。
メリットの多いテレワークですが、不安もあります。セキュリティです。テレワークによるセキュリティの不安には、端末紛失、ウィルス感染、データ覗き見などいくつかあります。そこで、セキュアなアクセス回線の確保の面で注目されているのが「インターネットVPN」です。端末と社内システム間の通信データを暗号化することで、悪意ある第三者からの覗き見を防ぐことができます。

最大10GbpsのDDoS攻撃に対応

「営業先から社内に安全にアクセスしたい」「安くテレワーク環境を整えたい」「クラウドサービスに安全に接続したい」などの要望にお応えするため、NTTスマートコネクトはインターネットVPNのサービスを提供しています。
お持ちの端末にアプリケーションをインストールするだけで導入完了。外出先のPCやスマートフォンなどから、社内システムに簡単にセキュアに接続できます。
料金は1ID単位750円とリーズナブルな価格設定。登録IDの増減も簡単です。
セキュリティ機能は二要素認証を採用(「ID/PW」+「証明書」)、セキュアながら接続するときは、アプリケーションを立ち上げ、ID/PWを入力するだけのシンプル操作となっています。

防御パターンを自動更新

社内システムのゲートウェイにクラウド型UTM、外部からのアクセス回線にインターネットVPNを組み合わせることで、高いレベルのセキュリティ環境を構築できます。
クラウド型UTMを導入することで、初期導入のコストを抑えながら、多層防御が可能となります。社員に依存することなく、ウィルス感染、フィッシング詐欺、水飲み場型攻撃の脅威を軽減できます。
インターネットVPNを利用することで、オープンなインターネット環境を利用しながら、セキュアに社内システムをアクセスできます。
社員に新たな負荷をかけることなく、理想に近いセキュリティ環境を実現できます。

ポイントまとめ

インターネットVPNならNTTスマートコネクト

アクセス回線のセキュリティを強化できるとして、インターネットVPNが利用されるようになっています。クラウド型UTMにインターネットVPNを組み合わせることで、よりセキュアな企業システムの構築が可能となります。インターネットVPNは価格もリーズナブル。UTMと合わせて検討してみましょう。

関連リンク

ポイント解説・導入事例・コラム
一覧へ戻る

ページトップへ

ページの先頭へ

お問い合わせ・資料請求