メールセキュリティ | NTTスマートコネクトのセキュリティ対策サービス

やり取りするのは安全性が確認されたメールだけ

外部攻撃対策と誤送信対策をまとめて対策

m-filterのロゴマーク

メールセキュリティ

お問い合わせ・資料請求

こんな課題を抱えていませんか?

課題 1
働く場所を問わずセキュアにメールを利用したい
デスクワークのアイコン
課題 2
標的型攻撃や危険な添付ファイルから守りたい
犯罪者のアイコン
課題 3
メール誤送信による情報漏洩を防ぎたい
メールのアイコン

「m-FILTER@Cloud」なら場所を問わず
外部攻撃も情報漏洩対策も同時に実現!

メールセキュリティの課題を
「m-FILTER@Cloud」で解決!

  • ハートのアイコン

    場所を問わない対策

  • 盾のアイコン

    有害メールのブロック

  • STOPのアイコン

    誤送信対策

ハートのアイコン

パブリッククラウドやホスティングと組み合わせて、
利用場所を問わないメールセキュリティを「構築」することができます

「Microsoft 365」 / 「Google Workspace」をご利用の場合

イメージ図

※「Microsoft 365」または「Google Workspace」で設定変更が必要です。設定方法は「DigitalArts@Cloudマニュアル」をご参照ください。

ホスティングメールサービスをご利用の場合

イメージ図

※MXレコード等を変更して頂く必要があります。
※「m-FILTER@Cloud 誤送信対策版」は当構成で運用できません。

お客さまN/W内にMTA配置されている場合

イメージ図

※お客さまのMTAやMXレコード等を変更して頂く必要があります。
※「m-FILTER@Cloud 誤送信対策版」は当構成で運用できません。

盾のアイコン

偽装判定により、「安全性」が確認されたメールのみを受信できます

イメージ図

「m-FILTER」のDBは、安全性が確認された送信元の「IPアドレス」、「メールドメイン」を格納しています。DBに登録されている安全性が確認された送信元からのメールは受信し、登録されていない送信元からのメールは危険な可能性があるため偽装判定を行い、安全性が確認されたメールだけを受信します。
外部から受信したメールは、クラウド上のデータベースへ通知されます。通知された情報をデジタルアーツで精査し、安全性が確認された発信元IPアドレス、ドメインの組み合わせの情報をローカルDBとして再配信することでDBの網羅率を維持しています。

STOPのアイコン

「柔軟」なルール設定で、誤送信対策を提供します。

添付ファイル自動暗号化

イメージ図

特定条件を作成し、条件に合致したメールのみ、 添付ファイルを自動でパスワード付きZIPファイルに変換して送信できます。

送信ディレイ(時間差送信)

イメージ図

一定期間、メールを滞留させます。 誤送信などの場合に滞留中であれば送信を取り消すことができます。

「暗号化強固」オプションによるPPAP対策で「脱ZIP暗号化」運用!!

メールでファイルを送る際に、日本の多くの企業・団体で慣例化された「ZIP暗号化」運用(PPAP)ですが、セキュリティレベルを担保するための暗号化ではないため様々なインシデントリスクを抱えてきました。現に、Word形式のファイルを「ZIP暗号化」ファイルにして添付したパスワードを記載した偽装メールを送り、ユーザーに解凍させてマルウェアに感染させようとする「Emotet」被害が後を絶ちません。

イメージ図

「暗号化強固」オプションは、「FinalCode」との連携で、送信メールの添付ファイルを自動的に暗号化し、送信者の負担を軽減します。また、暗号化されたファイルは、閲覧権限のある受信者しか閲覧できず、送信者は送信後にファイルを“あとから消す”ことも可能です。

「i-FILTER@Cloud」のオプション

アーカイブ保存
メールの保存期間を標準提供の1年から、ご要望に応じて2年~10年間(1年単位)に拡張します。
※「m-FILTER@Cloud」 MailFilter & Anti-Spam版 非対応
暗号化強固オプション
メール送信時のファイル暗号化・追跡するためのオプション機能です。
※対応するソフトウェアについては、デジタルアーツ社の「動作検証済みソフトウェア」をご確認ください。(https://www.finalcode.com/jp/product/spec/
暗号化強固オプションCAD暗号機能
暗号化強固オプションの対象ファイルに、CADを追加するオプションです。
※対応するソフトウェアについては、デジタルアーツ社の「動作検証済みソフトウェア」をご確認ください。(https://www.finalcode.com/jp/product/spec/
Anti-Virus & Sandbox
添付ファイル偽装判定でブロックしたファイルを対象に、ウイルススキャンやサンドボックスによる振る舞い検知を行い、危険なメールの受信を防止します。
※「m-FILTER@Cloud」誤送信対策版 非対応
Splunk連携
お客さまのSIEM製品「Splunk」へリアルタイムにログを送信します。
※「m-FILTER@Cloud」誤送信対策版 非対応
URLカテゴリ判定
i-FILTER@Cloud標準サービスをご契約していないことにより、「i-FILTER@Cloud連携機能」をご利用できない場合に、本オプション契約者専用に提供されるi-FILTER@Cloudのデータベースと連携し、メール本文や添付ファイルのURLカテゴリ判定を行い、本文/添付偽装判定を強化します。
※「m-FILTER@Cloud」誤送信対策版 非対応

お金が入った袋のアイコン

1ライセンスあたり月額330円(税込)から「安価」に導入できます。

※10ライセンス以上からの購入となります。
※お客さまの規模やオプションにより価格が異なります。詳しくはお問い合わせ下さい。

標準サービス
月額550
Mail & Anti-Spam
月額440
誤送信対策版
月額330

※表記は全て(税込)価格です。

「Anti-Virus & Sandbox」のキャンペーン

「ホワイト運用」と「Anti-Virus & Sandbox」により安全性・利便性を両立した強化を実現

本オプションを先着100万Licに特別価格で提供いたします

既存のお客さま
通常月額220円を
月額110円
でご提供いたします
※i-FILTER@Cloud/m-FILTER@Cloud/m-FILTERの場合、2022年4月末日までにご利用
新規のお客さま
通常月額220円を
月額165円
でご提供いたします
※i-FILTER@Cloud/m-FILTER@Cloud/m-FILTERの場合、2022年5月1日以降にご利用
対象製品
・「i-FILTER@Cloud」(標準サービス)
・「m-FILTER@Cloud」(標準サービス、MailFilter & Anti-Spam)
対象期間
2022年5月10日~12月23日
※なお、「Anti-Virus & Sandbox」オプションのご利用数が100万ライセンスを超えた場合、対象期間内でもキャンペーンは終了となります。
その他詳細条件
※対象期間内にご発注いただいたものが対象となります。
※年間契約が必要となります。複数年契約の場合でも対象となります。本キャンペーン価格の提供期間は、既存または新規契約の期間満了までであり、更新後は通常価格が適用されます。
※本キャンペーンは「Anti-Virus & Sandbox」オプションに対して適用されます。対象製品本体は別途ご購入いただく必要があります。

※m-FILTER@Cloud、FinalCodeはデジタルアーツ株式会社の商標または登録商標です。
※「Microsoft 365(旧称Office 365)」は、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
※「Google Workspace」はGoogle LLC の商標です。
※「m-FILTER@Cloud」メニューは提供元であるデジタルアーツ株式会社にてISMSクラウドセキュリティ認証(ISO/IEC 27017)を取得しています。

お問い合わせ・資料請求