Webアイソレーション | NTTスマートコネクトのセキュリティ対策サービス

NTTスマートコネクト

ハウジング・クラウド・ストリーミングの
NTTスマートコネクト

生産性向上とコスト削減を両立
インターネット分離で
端末を使い分ける負担から解放

Web分離

お問い合わせ・資料請求

こんな課題を抱えていませんか?

課題 1

業務用PCとインターネット
閲覧用PCを使い分けるのが面倒!

運用課題イメージ①

課題 2

サイバー攻撃のリスク
回避したい!

運用課題イメージ②

課題 3

インターネット閲覧環境
整備コストを抑えたい!

運用課題イメージ③

インターネット分離でまとめておまかせ!

機密情報を扱う端末から安全にインターネット接続が可能になります。

▼

機密情報の安全対策とコスト削減を実現

アイコン:簡単2 in 1

個人情報等を扱う業務用PCとインターネット閲覧用PCを
分ける必要はありません!
2台を1台にまとめられ、使い分ける手間から解放されます。

図:インターネット分離イメージ

  • インターネット分離の実現にジェイズ・コミュニケーション株式会社が開発したSCVXを採用。総務省が認める画面転送方式を実装。
  • 仮想ブラウザ(コンテナ)がPCの代わりにインターネット接続。画面転送による高い安全性を実現。

インターネット分離が進む業界

自治体、病院、金融、学校、製造業など

※セキュリティ対策を重視する個人情報や機密情報を取り扱う業務を主とするお客さまが数多く採用

アイコン:高セキュリティ

画面転送に加え、ブラウザ起動時にコンテナが立ち上がり、
終了時にコンテナは廃棄。感染リスクが極小化します

図:感染リスクが極小化

  • インターネットにアクセスするのはSCVX server上で起動されるコンテナのみ。
    SCVXサーバとPC端末は画面転送しか行いません。
  • ブラウザ終了後はコンテナを破棄。感染リスクを極小化します。
  • HW/SW自身の運用やセキュリティ対策は事業者でおこなうので、お客さまで管理不要です。
  • Web閲覧制限も楽々実現します。

アイコン:簡単移行

低コスト 1ID 1,200円~※
1人1台PCを準備するよりも
安価にインターネット接続環境を整備可能です

Webアイソレーション導入イメージ

  • PC2台を1台に集約。追加コストは1ID 1,200円~※
    端末コストや運用管理を削減します。
    ※アカウント数 1280、 同時接続数 256、契約期間5年の場合の金額です。
    ※ご利用環境(端末の台数や接続数)により異なります。
  • クラウドサービスだから24時間365日の管理稼働を安価にアウトソーシング。
  • Web閲覧専用端末不要。インターネット接続回線、インターネット分離する仮想ブラウザ機能、閉域網、ルータをワンストップで提供します。
    ※別途「クラウド クロス コネクト」のお申し込みが必要となります。

インターネット分離(Web分離)とは?

従来のWebコンテンツの脆弱性に対するセキュリティ対策では“すり抜け”や”誤検知”の発生が後を絶ちません。この状況を打開する方法の1つとして、インターネットへの接続環境を分離することで、サイバー攻撃のリスクを抑止する「インターネット分離(Web分離)」が注目されています。

インターネット分離イメージ

お問い合わせ・資料請求

サービス機能イメージ

図:サービス機能イメージ

機能一覧

アイコン:Web分離機能
Web分離機能
Web分離機能
セキュアコンテナがWebアクセスを代行し、端末へ画面転送する機能です。ローカル端末からセキュアコンテナ、セキュアコンテナからインターネットのネットワークは分離されています。
アイコン:ファイアウォール機能
ファイアウォール機能
ファイアウォール機能
インターネットアクセスの宛先を特定のIPアドレスやネットワークに制限する機能です。
アイコン:Webフィルタリング機能
Webフィルタリング機能
Webフィルタリング機能
Fortinet社のURLデータベースを用いてインターネットアクセスを制御する機能です。
データベースは自動的に更新されます。
また、特定のURLに対するアクセスの許可、拒否も可能です。
アイコン:アンチウィルス(アンチマルウェア)機能
アンチウィルス
(アンチマルウェア)機能
アンチウィルス
(アンチマルウェア)機能
インターネットアクセス通信のファイルをチェックし、マルウェアの脅威から保護します。
アイコン:SSL可視化機能
SSL可視化機能
SSL可視化機能
暗号化されたインターネットアクセスであっても、複合化しセキュリティ機能を適応する機能です。

オプション機能一覧

アイコン:ファイル無害化 (SCVX Sanitizer)
ファイル無害化
(SCVX Sanitizer)
ファイル無害化
(SCVX Sanitizer)
インターネットからダウンロードしたファイルを無害化処理して、ローカル端末に直接ダウンロードする機能を提供します。
アイコン:サンドボックス(SCVX Threat Checker)
サンドボックス
(SCVX Threat Checker)
サンドボックス
(SCVX Threat Checker)
インターネットからダウンロードしたファイルをサンドボックスにより脅威検査して、ローカル端末に直接ダウンロードいただけます。
アイコン:AD連携
AD連携
AD連携
SCVXクライアントの接続認証を、お客さまのActiveDirectoryへ問合せし、パスワードの連携が可能です。
アイコン:サーバリソース追加
サーバリソース追加
サーバリソース追加
同時接続数を64同時接続の単位で追加いただけます。
アイコン:インターネット接続帯域変更
インターネット接続
帯域変更
インターネット接続
帯域変更
仮想ブラウザコンテナからインターネットへアクセスするインターネット接続回線のネットワーク帯域を1Gbpsベストエフォートから帯域確保型へ変更いただけます。
アイコン:ファイアウォール セッション追加
ファイアウォール
セッション追加
ファイアウォール
セッション追加
仮想ブラウザコンテナからインターネットアクセスできるセッション数を50,000セッション追加できます。
(標準は仮想ブラウザコンテナ数×500セッション)
アイコン:長期ログ保管(100ギガバイト)
長期ログ保管
(100ギガバイト)
長期ログ保管
(100ギガバイト)
UTM機器のログを当社ストレージ基盤に保管します。保存容量は100ギガバイト単位で拡張可能です。
アイコン:初期設定代行
初期設定代行
初期設定代行
SCVXのシステム管理設定を代行設定いたします。
設定項目例:
  • ユーザ作成/登録
  • グループ作成、FireFox設定、共有フォルダ設定
  • システム設定
  • 組織管理

お問い合わせ・資料請求

提供価格

1lD/1,200円~※

※ お客さまの環境、オプション機能等により価格が異なります。詳しくはお問い合わせください。
※アカウント数 1280、 同時接続数 256、契約期間5年の場合の金額です。ご契約内容によりID価格は変動いたします。

サービス提供までの流れ

図:サービス提供までの流れ

お問い合わせ・資料請求

あると安心!合わせて導入おすすめサービス

アイコン:UTM
統合セキュリティ機能で社内 の安全なインターネット接続環境を実現
アイコン:DDoS対策
DDoS攻撃からお客さまの情報システムを守る
アイコン:VPN
インターネットを経由する通信を暗号化し、セキュアな接続を実現
アイコン:クラウド クロス コネクト
パブリッククラウドサービスをセキュアな接続で利用可能
アイコン:Smart Storage
セキュアで大容量のクラウド型ストレージサービス
ページトップへ

ページの先頭へ

お問い合わせ・資料請求