NTTスマートコネクト

ハウジング・クラウド・ストリーミングの
NTTスマートコネクト

SmartConnect Network & Security

手軽に使えて、深まる安心感

よくある質問

UTMについて

申し込みからの納期を教えてください。
7営業日となります。
セッション追加オプションの申し込みを悩んでいます。何か目安はありますか?
接続される端末台数が1つの目安となります。
標準では50,000セッション(100台相当)を提供します。100台を超える場合はオプション追加を推奨しております。(利用開始後のセッション追加も可能です)
PPPoEセッションを張ることは可能ですか?
PPPoE機能の提供は行っておりません。
複数拠点を集約してクラウドUTMに接続したいのですがどのような構成になりますか?
UTMと「クラウド クロス コネクト」の拠点接続メニュー(Type フレッツ・VPN ワイド)を組み合わせることでお客さま拠点から当社のDCのクラウドUTMまでをワンストップで申し込みいただくことが可能です。
既に拠点間を他社サービスにて接続しています。その場合にもUTMの利用は可能ですか?
既に他社さまの拠点間通信サービスを利用している場合にも、拠点の1つとして当社データセンターを追加いただくことでご利用いただくことが可能となります。
基本契約のログ保管容量に上限はありますか?
標準で、20GBとなります。レポート機能(FortiAnalyzer閲覧機能)によりログを確認・外部出力いただけます。
基本契約に標準提供されるログ保管容量とオプションメニューの「長期ログ保管」との違いは何ですか?
長期ログ保管オプションをお申し込みいただことで、よりセキュアな外部保管領域にログ保管でき継続的にデータを保護いたします。
100GB単位(+6,000円/月)でお申し込みいただけます。
レポート機能として、FortiAnalyzerの出力レポートがありますが、日本語化の予定はありませんか?
日本語化の予定はございません。
日本語レポートをご希望される場合はセキュリティ監視分析オプションをお申し込みください。
ファイアーウォールポリシー設定値に上限はありますか?
ファイアウォールポリシーの設定上限値は20までとなります。
設定上限値の拡張については、営業担当者へご相談ください。
端末に設定するDNSサーバのIPアドレスはどうなりますか?
端末が所属するUTMのLAN/DMZインターフェースのIPアドレスをご指定ください。
なお、2つ以上DNSサーバを指定される場合はお客さまにてご準備ください。
現在AWS上で公開サーバを運用しています。セキュリティ対策のためUTMを利用したいのですが実現可能ですか?
実現可能です。
インターネットから当社のクラウドUTMに接続し、AWS上の公開サーバにアクセスする形態や、「インターネットVPN」メニューと「クラウド クロス コネクト」を組み合わせることで屋外からのAWSまでの接続区間を閉域経由でセキュアにアクセスする形態も可能となります。
※ただし、最終的な動作確認についてははお客さまにてご確認ください。

WAFについて

対応するプロトコルは何ですか?
HTTP・HTTPSのみです。その他のプロトコル(SSH等)には対応していません。
シグネチャ数はどれくらいありますか?
シグネチャ数は4500個以上のシグネチャがあります。
標準では当社の推奨シグネチャを選定し適応します。
導入・運用コンサルティングのオプションサービスをお申し込みのお客さまには、当社セキュリティ専門家によるお客さま環境に合わせた設定をご提案いたします。
シグネチャのカスタマイズは可能ですか?
基本サービスにご契約のお客さまは、WAF遮断時に発行されるSorryページに記載されるIDにより個々のシグネチャのON/OFFをご選択いただけます。
導入前や運用開始後に詳細な設定変更を行いたい場合は弊社セキュリティ専門家によるコンサルティングサービス(導入/運用コンサルティング)をご利用ください。
問合せや設定変更はどのようにしますか?
24時間365日電話・メールにて受付いたします。
標準では、受付後の平日10時~17時に処理いたしますが完了までの時間は保証いたしません。
オプションサービス「24時間365日オペレーション」をお申し込みで24時間365日の処理に拡張できます。
また、設定変更の対象は「WAFシグネチャ」、「IP・URLフィルタリング」の設定変更のみです。
その他変更に関しましては変更申込書によりお申し込みください。
クライアント証明書を利用するサイトに導入することは可能ですか?
クライアント証明書を持ち込みたい場合は事前に営業担当者にご相談ください。
WAFメニューを契約すれば、DDoS対策機能も提供されるのですか?
はい、標準機能としてご提供します。ただし、保護対象にはWAFで保護するFQDN(IPアドレス)のみとなり、かつインターネット接続を伴わない専用網などからの利用の場合は機能いたしません。また、お客さまネットワーク環境下のネットワークを保護したい場合は、DDoS対策メニューをお申し込みください。
どの程度の帯域のDDoS攻撃まで防御できますか?
10Gbps程度までのDDoS攻撃を想定した対策をご提供します(防御することを保証するものではありません)。
Webサーバのログでアクセス解析を実施していますが影響はありますか?
Webサーバには弊社クラウドWAFのIPアドレスのみアクセスされることになりますが、XFF(X-Forwarded-For )にて送信元IPを付与することは可能ですので、XFF情報にてアクセス解析を実施いただくことは可能です。
契約帯域の算出の考え方について教えてください。
契約帯域はどのように算出すればよいですか?算出のサポートはしてもらえますか?
月別のトラフィックレポート、ピーク時の日別のトラフィックレポートが必要です。
ない場合は、想定困難なため、契約開始後に利用量に応じて帯域契約を変更されることを推奨いたします(別途設定変更手数料が発生いたします)。
契約帯域を超えた場合はどうなりますか?追加料金など発生しますか?
トラフィック制御により、契約帯域を超えた通信は破棄いたします。
最低利用期間は設定されていますか?
最低利用期間は1カ月です。
申し込みから導入までどれぐらいの期間が必要ですか?
最短7営業日で導入可能です。

DDoS対策について

対応するプロトコルは何ですか?
特に指定はございません。
WAFの標準機能のDDoS対策機能との違いは何ですか?
WAFのDDoS対策機能は保護対象となるWebサーバのみに対して機能します。
お客さまネットワーク環境下のシステム全体を保護したい場合は、DDoS対策メニューをお申し込みください。
標準機能で保護できるネットワークセグメントは?
基本サービスには標準で/29のサブネットをご登録いただけます。
オプションサービスで最大/27まで拡張できます。それ以上の拡張をご希望される場合はご相談ください。
契約帯域は10Mbps, 100Mbps以外に選択はできますか?
選択可能です。お見積もりは営業担当者にご相談ください。
最低利用期間は設定されていますか?
最低利用期間は1カ月です。

ロードバランサについて

対応するプロトコルは何ですか?
HTTP、HTTPS、FTPです。
WAF、DDoS対策と組み合わせることは可能ですか?
はい。可能です。
標準機能で提供されるネットワークセグメントは?
基本サービスには標準で/29のサブネットをご登録いただけます。
オプションサービスで最大/27まで拡張できます。それ以上の拡張をご希望される場合はご相談ください。
最低利用期間は設定されていますか?
最低利用期間は1カ月です。

インターネットVPNについて

申し込みからの納期を教えてください。
7営業日となります。
同時接続上限値に達した場合はどうなりますか。
新規セッションを切断いたします。
600アカウントを超える場合の契約方法について教えてください。
アカウント登録数と同時接続で契約内容が異なります。
1契約あたりの最大同時接続数は100、アカウント数は300となります。
上記上限数を踏まえて、契約数を決定いただく必要がございます。
初期は、1アカウントしかアクセスすることがないですが料金はどうなりますか?
最低利用ID数と同時接続数は30となります。
SSL-VPNセッションのタイムアウト値は何分ですか?
5分となります。
スマートコネクトVPSを利用しています。インターネットVPNを利用した接続について教えてください。
SmartConnect Network & Security インターネットVPNのご契約に加え、クラウド クロス コネクトのマルチクラウド接続をご契約いただくことで接続可能となります。
認証方式はどういったものがありますか?
クライアントの認証方法については以下ご選択いただけます。
・「アカウントID+パスワード」
・「アカウントID+パスワード」+「クライアント証明書」 (二要素認証)
クライアント証明書はNTTスマートコネクトから購入できますか?
現在当社では販売しておりません。
トンネル方式とはなんですか?
当社ではスプリットトンネル方式を採用しております。
この方式はSSL-VPNセッションを確立後、すべての通信をSSL-VPN経由させる方式です。
セッション確立後にインターネットへ通信したい場合は、当社サービス内でインターネット接続経路を確保する必要がございます。
本方式を無効にしたい場合は営業担当者にご相談ください。
FortiClientをイントールするためにはどうしたらよいですか?
サービスお申し込み後にインストール手順をご提供させていただきますので、そちらでご確認ください。
Windows端末、タブレット端末(IOS・Android)が利用可能ですか?
弊社で動作確認しているOSは以下となります。また、デバイスの動作保証は行っておりません。
■Windows FortiClient5.4.0 (0708)
(当社確認済みバージョン)
[対象 OS]
Microsoft Windows XP (32-bit)
Microsoft Windows 7 (32-bit and 64-bit)
Microsoft Windows 8, 8.1 (32-bit and 64-bit)
Microsoft Windows 10 (32-bit and 64-bit)
Microsoft Windows Server 2008 R2
Microsoft Windows Server 2012, 2012 R2

■Mac FortiClient5.4.0 (493)
(当社確認済みバージョン)
[対象 OS]
Mac OS X v10.8 Mountain Lion
Mac OS X v10.9 Mavericks
Mac OS X v10.10 Yosemite
Mac OS X v10.11 El Capitan

またフォーティネット社として動作保証しているOSは以下となります。参考までに共有させていただきます。
※当社で動作確認していないOSについてお客さまにて動作確認をお願いいたします。
■FortiClient 5.6
・Microsoft Windows 10(32ビットおよび64ビット版)、Windows 8.1(32ビットおよび64ビット版)、Windows 7(32ビットおよび64ビット版)
・Windows Server 2016, Windows Server 2008 R2およびWindows Server 2012、2012 R2
・Mac OS X v.10.12 Sierra, OS X v10.11 El Capitan, OS X v10.10 Yosemite、OS X v10.9 Mavericks、およびOS X v10.8 Mountain Lion
・iOS 5.1およびそれ以降(iPhone、iPad、iPod Touch)
・Android OS 4.4.4およびそれ以降(スマートフォンおよびタブレット)
ページトップへ

ページの先頭へ

お問い合わせ・資料請求