pagetop

クラウド クロス コネクト

アスキー記事ページのバナー

Azure接続

Microsoft社が提供するExpress Routeを利用してお客さまネットワークからのプライベート接続を実現します。

※Microsoft Azure(以下、Azureと表記): Microsoftが提供するクラウドコンピューティングサービス。Microsoft Azureは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。

Azureの接続イメージ

Azure接続プランの特長

Azure PaaS/Office 365へ接続可能
Azure PaaS (SQL Database、Azure Storageなど) やOffice 365/Dynamics 365へ閉域ネットワーク経由で接続可能です。
※ExpressRoute接続に対応していないAzureサービスもあります。
※ExpressRoute経由でOffice 365へ接続する場合はマイクロソフトによる事前確認を経る必要があります。マイクロソフトの確認が完了しExpressRouteによる有効性が認められた場合にのみ利用可能となります。

Azure PaaS/Office 365へ接続可能

ニーズに合わせて選べる豊富な接続プラン
クラウド クロス コネクト とExpressRoute間に関して共用型プラン(1Gbpsベストエフォート)と安定した帯域確保型プラン(10Mbps~1Gbps)をご用意。
また、 Azure/Office 365とプライベート接続でデータを転送することによって、インターネットサービスプロバイダへの帯域幅の契約を減らすことが可能です。

ニーズに合わせて選べる豊富な接続プラン

SINETとの接続が可能
国立情報学研究所が構築・運用している学術情報ネットワーク(SINET)を利用して、クラウド クロス コネクトに接続いただけます。
SINET経由でMicrosoft Azureをご利用いただく場合には、お得な「アカデミックプラン」をご利用いただけます。
※別途、Microsoft AzureおよびSINETクラウド接続(Bizひかりクラウド)の申し込みが必要となります。 SINETは日本全国の大学・研究機関向けの学術情報ネットワークとなるため、一般の企業さまはご利用できません。

SINETとの接続が可能

西日本エリア全域のお客さま拠点から低コストに接続

東京までの回線料金が不要
大阪のAzure接続点と接続しているため、東京までの回線料金が不要。西日本エリア全域のお客さま拠点からコストを抑えて接続することが可能です。

東京までの回線料金が不要

首都圏拠点の冗長化ニーズにも対応
クラウド クロス コネクトとAzure間のネットワークは、全て冗長化しているため、万が一の故障発生時にも短時間での切替により、お客さまへの影響を最小化します。
大阪のAzure接続点を利用しているため、首都圏にある拠点の冗長化ニーズにも対応できます。

首都圏拠点の冗長化ニーズにも対応

お問い合わせ・資料請求

メディア掲載

  • 2025年の崖を飛び越えろ!これから10年のビジネスを支えるモダンITプラットフォームを考える - ZDNet Japan
  • アスキー記事ページのバナー