安心と信頼を支える
NTTグループのクラウドサービス

NTTスマートコネクトは、堅牢な西日本最大級のデータセンターを基盤に、
お客さまのご用途・ご要望にお応えするクラウドサービスをご提供いたします。

NTTスマートコネクトが提供する
クラウドの特長

さまざまな業種・業態、初心者からプロまで、使う目的やシーン、利用する人を選びません

操作性に優れたクラウド

リスクに強い
クラウド
災害やサーバー障害などのトラブル発生時も、お客さまの事業継続のため万全な体制
詳しく見る

操作性に優れたクラウド

操作性に優れた
クラウド
事業の需要や変動、業種、ニーズに応じたリソースおよびシステム、多様な機能をご提供
詳しく見る

コスト最適化可能なクラウド

コスト最適化可能な
クラウド
資産を持たないクラウドは、初期費用や運用費、人件費など、トータルコスト最適化を実現
詳しく見る

NTTグループ提供のクラウド

NTTグループ提供の
クラウド
NTTグループで培った豊富な実績・ノウハウを活かした、安心のサービスをご提供
詳しく見る

サービスラインアップ

ご用途・スペックなど、お客さまのニーズに合わせたさまざまな角度からご検討ください

クラウドサービスを用途で選ぶ

用途で選ぶ
お客さまの利用用途に合わせて、最適なサービスをお選びいただけます
詳しくはこちら

クラウドサービスをサービスのレイヤーから選ぶ

サービスのレイヤーから選ぶ
お客さまの必要な機能をサービスの階層からお選びいただけます
詳しくはこちら

クラウドサービスをサービス一覧から選ぶ

サービス一覧から選ぶ
NTTスマートコネクトがご提供するクラウドサービス一覧です
詳しくはこちら

クラウド導入事例

NTTスマートコネクトのクラウドサービスを活用されている企業さまにお話を伺いました

Pick up スマートコネクトVPS

「夏の高校野球」の情報配信基盤として高信頼クラウド「スマートコネクト VPS」を活用

朝日放送株式会社様

朝日放送株式会社様

夏の国民的なイベント「全国高校野球選手権大会」の中継を手がける朝日放送。同社では、より多くの視聴者にどこでもリアルタイムで高校野球を楽しんでもらえるようにと、Androidスマホ向けアプリ/ウィジェットを提供している。ただし、国民的なイベントとも言える人気コンテンツだけに、その情報配信基盤には高い安定性と柔軟さが求められた。そこで同社ではNTTスマートコネクトのクラウドサービス「スマートコネクト VPS」を活用することで、デジタル時代にふさわしい高品質なサービスを実現している。

詳しくはこちら

クラウド クロス コネクト

気象のプロが選んだ「堂島DC×クラウド クロス コネクト」
多彩な情報配信に向けたマルチクラウド接続に期待

一般財団法人日本気象協会様の画像

一般財団法人日本気象協会様

防災や気象に関する情報配信や企業向けコンサルティング事業を展開する日本気象協会様。
その事業の要となる一般財団法人気象業務支援センター(JMBSC)のネットワークとの接続および情報配信拠点としての役割を、NTTスマートコネクトの「堂島データセンター」が担うとともに、多彩なサービス提供を可能にするマルチクラウド接続を「クラウド クロス コネクト」が実現している。

詳しくはこちら

クラウド導入事例をもっと見る

スマートストレージ

スピードと信頼性にこだわった高品質なクラウドで医療現場の要望に応え、医療の高度化に貢献

横河医療ソリューションズ株式会社様の画像

横河医療ソリューションズ株式会社様

横河医療ソリューションズ様のクラウド型画像総合管理「ShadeQuest/Unlimited」において、膨大な医用画像を安全に保管しつつ、効果的な運用を可能にするのが、NTTスマートコネクトのクラウド型ストレージサービス「スマートストレージ」。データが外部にあることを意識させない使い勝手が実現している。

詳しくはこちら

いまどこ+(プラス)

42.195キロメートルのマラソンコースの現在を「いまどこ+」で直感的に把握

いぶすき菜の花マラソン大会実行委員会様の画像

いぶすき菜の花マラソン大会実行委員会様

「いぶすき菜の花マラソン」は1月開催のフルマラソン陸連公認コースの市民マラソン大会で、ランナー約18,000人、ボランティア約2,000人が参加。悪天候により2,000名以上のリタイアと運営が混乱した経験から、ランナーの収容・救護の効率化のために「いまどこ+(プラス)」をご利用いただく。先頭車両、後方車両、救護車両、AED二輪等の位置情報を取得し、本サービスの地図上にマッピングすることで、最適位置への配置や緊急時の迅速な対応を実現。

詳しくはこちら

いまどこ+(プラス)

スタンプラリーにスマホの位置情報を活用し、イベントの活性化と運営の効率化を実現

本州四国連絡高速道路株式会社様の画像

本州四国連絡高速道路株式会社様

本州四国連絡高速道路様が主催する「しまなみ縦走」は、広島県尾道市と愛媛県今治市を結ぶ瀬戸内しまなみ海道を舞台に、毎年開催されるスタンプラリー。NTTスマートコネクトのイベント運営サポートサービス「いまどこ+(プラス)」を導入することで、スタンプ押印の電子化によるスタッフの稼働負担の軽減や、参加者間での位置情報の共有などが可能になり、イベントの活性化と運営の効率化につながっている。

詳しくはこちら

いまどこ+(プラス)

曳山「でか山」のリアルタイムな位置情報を、来場者、主催者共に把握可能に

曳山「でか山」の画像

七尾商工会議所、七尾市観光協会様

各でか山に「いまどこ+」アプリを導入したGPS発信端末(スマートフォン)を設置し、来場者や運営者のスマートフォン、パソコンのブラウザ画面にて位置情報をリアルタイムに確認できるシステムを構築した。土地勘のない方でもすぐにでか山の所に行くことができ、主催者からも祭りに訪れたお客さまからも高い評価を獲得した。

詳しくはこちら

新着情報

ニュースリリース

お知らせ

メンテナンス・故障情報